Sunday, September 25, 2022

念願叶ってHelvellyn


 ウォーキングに興味を持つようになってからずーっと登ってみたかったHelvellyn、    念願叶ってやっと行ってきました。




今回のルートは湖水地方の北東にある湖Ullawater沿の村
Glenriddingからスタートして一周約12km。
数あるルートの中でも一番人気、スリル満点のこのルートは
Striding Edge 、 Swirral Edge と呼ばれる山の尾根の岩をよじ登り降りする
ルートです。山登り初心者の私としては 雨風の強い日は絶対に避けたいと
2週間前から天気予報とにらめっこ。
結局2日前に決めて朝5時起きで湖水地方まで車で向かいました。




Glenriddingの村からスタート
Glenridding Beckに沿って進みます。Beckは小川のことです。
ちなみにロマン派詩人ワーズワースが詠んだ水仙が咲いていたのは
Glencoyne Bay,ここからUllaswaterの湖沿いにちょっと北に進んだところです。



石の階段をひたすら登る、、、汗びっしょり、、、
一休みに後ろを振り向けば 細長いUllaswaterの湖の全体像がどんどん見えてきます。

海抜700m Birkhouse Moorまで登ってくると 遠くに 目指すHelvellyn
この先 赤線を左から進みます。



まるでウェールズ語のように聞こえるHelvellynの語源はカンブリア語で
Pale yellow Moorland 薄い黄色の原野 の意味。
カンブリア語はイングランドの北やスコットランドの南でその昔話されていた言語で
いろいろのバリエーションがあり、スカンジナビア語やウェールズ語にも
深いつながりがあるそうです。


 梯子をまたいでストーンウォールを超えるとHole in the Wall壁の穴?と呼ばれる
ストーンウォールが開いてところがあり そこからStriding Edgeが始まります。




Striding Edge はこんな感じ、、、風の強い日や視界が悪い日は要注意。
右下に見えるのはRed Tarnと呼ばれる小さな湖。




頂上は結構平、大好きなハードウィック羊にも会えた。






頂上サンドイッチを食べたらSwirral Edge を降りてGlenriddingへ。
お天気も良く岩登りも最高 楽しかった。
その後2日間のふくらはぎの筋肉痛の楽しみの一部!

Friday, June 17, 2022

Kirkby Lonsdale

 




Kirkby Lonsdale はカンブリア州の南東の端にある町、ちょっと南に歩くとランカシャー州に入ります。
最高の天気予報に誘われてやって来ました。


牧草地をぬけWhittingtonの村の教会を覗きLune川の辺りでランチ休憩、
川沿いを歩いてKirkby Lonsdaleに戻り 街の散策、約9kmのウォーキングになりました。


Buttercups キンポウゲでいっぱいの草原


道端で見つけた 可愛いBramble Vetch (マメ科)


Church of St Michael the Archangel 
16世紀初期のベルタワー 教会の歴史は800年以上遡ります。



カンブリア州からランカシャー州を抜け Irish Seaに注ぐLune川





Kirkby Londale の町のそば Davil's BridgeからのLune川の眺め。
14世紀初期の石橋は悪魔によって建てられたという伝説があるそうです。



Davil's Bridgeから 川沿いにさらに街に向かって進むと19世紀の画家ターナーが描いたことで知られるスポットがあります。ターナーはLune川の作品を2点描いていますが 下の絵はこのすぐ上に立っている教会の墓地から描いたもの。川沿いから狭い石の階段を上っていくとRaskin's Viewと名付けられた場所があって(残念ながら土砂崩れがあって工事中のため侵入禁止、上からの眺めは見ることができませんでした)19世紀の美術評論家として知られるJohn Raskinがイングランドで最も素晴らしい眺めの1つと評した場所でもあります。




Thursday, April 21, 2022

ヨークシャーデール満喫のウォーキング

 


毎年の事ながら 春になると可愛い子羊に会いたくなる私、、、お天気も良さそうなのでまたヨークシャーデールにやって来ました。今回のウォーキングは Wharfedale/ワーフデールBurnsallという村から スタート 約10kmのサーキュラーウォークです。





Burnsall は River Wharfe 沿に位置する 人口110ほどの小さな村です。ウォーキングの拠点、マス釣り、川辺のピクニックのスポットで知られるほか Grade 1 に指定されている村の教会は周りの素晴らしいヨークシャーデールの景観もあって 結婚式でも大人気。




Grade II 指定の17世紀(19世紀 補修)の橋 Burnsall Bridge これからワーフ川に沿って歩いて行きます。



Few-flowered Garlic 野生ニンニクにもいろんな種類があるみたいです。


川沿いのウォークはホントにのどか、、。水の音、鳥の声、新緑 癒される〜





ウェットスーツでワイルドスイミングを楽しんでる女性たち、、、最近はやりですよね、、









ステッピングストーンを渡って対岸へ、そばには地元の鍛冶屋さんが1885年に造ったHebden Suspension Bridge が架かっています。狭い、真ん中んかなり揺れます。









絵になるLinton 村を抜けてたら 丘を登って Burnsallへの帰り道




川沿いのウォークもいいけれど やっぱり360度見渡せる丘の上は最高



最高のお天気に恵まれた今日のウォーキング 子羊もいっぱい見たし 最後はアイスクリームで締め。これからどんどんいい季節の英国、次はどこ行こうかなあ、、、。 

Tuesday, July 20, 2021

イングランド1の眺め 

 


今年の夏は最悪の天気と思っていたら やっと夏らしくなった!

リーズはロンドンより2度ぐらい気温が低いけど それでも28度、お日様 サンサン

さっそくウォーキングと思ったものの 炎天下で日陰もない丘上りは結構辛そ、、と怖気付き

Best forests/Woodland walk in Yorkshire とぐぐってみました。

今回ウォークはそうして見つけた約10kmの サーキュラーウォークです


スタートは Sutton Bank National Park Centre

綺麗なおトイレ、ビジターセンター、カフェもある

では 出発


道を渡るとフットパスの入り口

ちょっと歩くと The Finest View in England /イングランド1の眺め

というプラットフォームがある


近くのサースクの街で獣医の仕事をしていた時の体験を小説化して

BBCのテレビドラマにもなった ”ヘリオット先生奮戦記”の作者

ジェームスヘリオットが イングランド1の眺めと言ったんだそう、、、

ご当地自慢って感じかな?

でも かのターナーも40歳のころ ここへ旅してスケッチを残している


整備された丘の上の道を進むとYorkshire Gliding Club の敷地が見えてくる



1934年から続いているグラインディング クラブ

お天気も良いせいか次から次へと飛ばしてました、、、

音もなしに降りてくる姿はなかなか優雅

そして丘を降りるとWhite Horse のスポット



うーん ここからだと白馬の頭が藪で隠れてるし いまいちスマートな

白馬とは言い難いお姿、、、、


近くの Kilburnキルバーンの村からの眺め

1857年 村おこしのためにキルバーン出身のロンドンの商人が作らせたという説もあれば

キルバーンの学校の先生が生徒たちと作ったという説も、、

では これから 森の中へ進みます




森から出ると麦畑

農場を抜けて、、、と、、

若い雄牛が3頭いる農地を通り抜けなければならなかったので

かなり緊張しました、、雄牛は怖い、、、写真なし、、、



また森を通って、、目の前に広がる景色 Gormire Lake

Wild Swimming で人気の湖、この日も何人か泳ぎに来てたけど

伝説によると底なし湖なんだそう、、、


湖をひと回り、犬も水浴び

一休みしたら ここから丘のぼり


ひたすら登り

ご褒美は Finest View in England !